未分類

シングルファザーが婚活で初婚の女性と出会うのは難しい?

White flowers decorations during outdoor wedding ceremony

シングルファザーでも親権があるかないかによって、初婚の女性と結婚できるかどうかに差ができてくることが多い。子どもの親権がないシングルファザーの場合、同じく子どもがいない女性と付き合った方が良いことが多いのだ。子どもがいないのであれば、初婚かバツイチかはこだわる必要はない。問題となることが多いのは、子どもがいても親権のないバツイチ男性が、子どもがいて親権のあるバツイチ女性と付き合う場合だ。

 

こういったケースでは、親権がなくても男性側に子どもがいる場合、再婚相手となる女性の子どもと自分の子どもをどうしても比べてしまう、ということがあるからだ。そのため、シングルファザーで親権のない男性の場合は、子どもがいないバツイチ女性か初婚の女性と付き合うのが、多くの場合で理想的なのだ。

 

シングルファザーでも初婚の女性と付き合えます

シングルファザーだから初婚の女性と付き合うのは難しいのではないか、と思う人も多いかもしれない。しかし、子持ちではあっても親権がなく、実際には子どもを育てているわけではないため、初婚の女性と結婚するためのハードルは、親権のあるシングルファザーよりは下がることが多い。

 

子どもとの面会、親権がない代わりに慰謝料や養育費も必要ない、という条件で離婚した男性で、初婚の女性と結婚した実例がある。その女性は、子どもがいることは知っていても、実際に育てているわけでもないため、結婚にも迷いがなかったというのだ。このように、子連れでの再婚ではないため、初婚の女性から共感が得やすく、必ずしも再婚しにくいというわけではないのである。

 

初婚の女性と出会った場所は?

では、初婚の女性と親権のないシングルファザーが結婚するには、どうすれば良いのだろうか。まず、女性の気持ちはもちろんのことだが、女性の両親の気持ちもあるため、そういった点にも配慮が必要だろう。

 

また、出会いを探すのであれば、合コンなどは避けて結婚相談所や婚活サイトを利用した方が良いことが多い。合コンなどだと、バツイチである、親権の有無にかかわらず子どもがいる、ということが大きなマイナス面として捉えられることが多いからだ。結婚相談所や婚活サイトなどを利用した方が、親権のないシングルファザーに対して理解のある女性が多いのである

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP