婚活プロフィール

バツイチシングルファザーが婚活プロフィールに書くべき内容

HG066_72A

婚活プロフィールは婚活サイトに登録をした人が、良いなと思う人は探すためのきっかけとなる文章で非常に重要である。

 

サイトによってプロフィール文章の書き方や文字数などの制限は様々であるものの、最低限必要な内容を記載して自分をアピールする必要がある。内容が不足していると面白くない人なのではないかと感じさせがちなので文章は書き終わったら読み返してみることを忘れてはいけない。

 

婚活プロフィールに最低限書くべき内容

最低限書くべき内容としては、①氏名、居住地、職業、年齢などの基本情報 ②自己紹介 ③趣味 ④結婚に対する希望、理想の結婚生活など ⑤相手に対する条件 ⑥自由記述 などだ。

 

これらは婚活サイトによって書きやすいように項目分けがされていることもあるが、内容が重複したりだらだらしないように意識して書くべきである。また、読んだ時に好印象を与える文章を書くように意識してほしい。例えば、たとえそれが事実だとしてもわざわざ「短気です」「バツイチでつまらないです」などとネガティブなことを書く必要はない。プラスの表現を使って自分をアピールすべきだろう。

 

また好印象を与えるという意味ではやりがちな失敗が、相手に対する条件や結婚に関する理想を記入する欄で高望みなことを書きすぎなことである。理想の結婚生活を抱くのはもちろん構わないが、それを他人に押し付けるのは良い印象を与えない。ましてや、「年収○千万円以上」などと人柄以外の希望を出してしまうと印象が下がってしまうのは想像できるだろうう。各欄の記述や全体の印象を含めて、読んだ人がどう感じるかには着目して文章を作成してみてほしい。

 

 

自由記入欄で自己PRををしっかりしよう!

そして書くのに1番困るのが自由記述欄だろう。ここでも自分がシングルであることは婚活サイトで支持されない限りわざわざ書かなくても良い。結婚相談所の場合は要求される場合もあるが、その場合は相談員を通じて話してもらうようにすべき。

 

第三者からの告知の方がうまく伝わるとおもう。

 

難しいかもしれないが、自由記述欄は現在の自分をアピールするだけでなく、どのように見せたいかもアピールできる重要な項目だ。しかしここは率直な思いを書いてほしい。一番相手に自分の思いが伝わる項目であるからだ。

 

例えば、「これまでは仕事人間だったが、家庭を持って色々な感情を家族と共有したい」と率直な思いを書いたとしても、熱心に仕事に取り組んできた真面目さや結婚に対する意識も伝わるものである。読んだ人に与える印象を考慮して、全体的にプラスの表現を使うことさえ意識すれば大きな問題はない文章ができるだろう。

関連記事

  1. HG153_72A 婚活プロフィールで女性にウケる内容と書き方
  2. a0001_014259 男性の婚活プロフィールの例文と書き方!これでアプローチされやすく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP