婚活お悩みコラム

親の離婚を経験していると婚活に積極的になれない?

HG128_72A

1年に約25万件、3組に1組は離婚しているとされている昨今では、離婚が珍しいことではなくなっている。しかし、親が離婚したことによってもたらされる、子どもへの影響はとても大きいことが多く、その後の人生で苦悩する原因となることも少なくない。

 

母親側の経済力が乏しく離婚を望んでいても、それができないという親もいる。中には、子どものためにという半ば押し付けのような感情で、離婚しないという親もいる。しかし、親が不仲でいる状態というのは、子どもにも伝わっていることが多く、そのような状態のまま子どもを理由にして離婚しない、というのは子どもにとっても辛い状態かもしれないのだ。両親が不仲な状態が長く続いたことにより、人よりも気を遣う性格になってしまった、早く離婚してほしかったという子ども側の話もある。親が離婚しなければ、子どもが幸せでいられるとは限らない。

 

離婚の理由は、姑と不仲であったり、性格の不一致があったり、パートナーの借金やDVがあったり、など人によって色々である。その離婚によって、子どもが寂しい思いをする、ということも多い。親が離婚しなければ、と思って育った子どももいる。

 

親の離婚をいつまでもひきづっていて婚活できないのはもったいない

 

だが、人というのは、その時にこれがベストであると考えて選択することしかできない。長い目で見た時に、その時の決断が正しかったのか、間違っていたのか、ということは誰にも分からない。親は、子どもの幸せを願うものだ。もし、何か理由があって両親が離婚してしまったとしても、愛されていなかったということではないのだ。

 

両親が離婚したことによって、人に愛される、人を愛するということに不安を持つ人もいるが、そのように様々な経験をしてきたからこそ、幸せな家庭が築けると考えるべきなのだ。両親の離婚と自分の恋愛には関係がなく、別のものなのだという意識を持たなければならない。

 

そして今まで経験してきた苦労を、一緒に分かち合うことができるようなパートナーを婚活で見つければ良い。まずは肩の力を抜き、恋愛の第1歩を踏み出すことから始めてみるのだ。婚活の方法は、1つだけではない。色々な方法があり、自分に合った方法を選べば良い。自分の人生を生きるため、幸せな結婚をするため、素敵なパートナーと出会うため、1歩を踏み出してみることだ。

関連記事

  1. スマートフォン 男性 メンズ 若い ビジネスマン 婚活サイトで突然連絡が途絶えてしまう理由と対策

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP