バツイチ・シングルの合コン

なぜ失敗!?バツイチ男性やシングルファザーは合コンで不利なの?

00034934_72B

バツイチ男性は合コンで不利になる、と考えている人は多い。しかし、実際にはバツイチの男性が魅力的だと感じる女性が増えている。つまり、合コンにおいてバツイチの男性が必ずしも不利である、とは言えないのだ。だが、実際にバツイチの男性で何度も合コンに参加し、その度にうまくいかなかった、という人が多いのは何故なのだろうか?

 

バツイチの男性が合コンで犯しやすいミスとして、離婚して恋愛に対して気持ちが新鮮になっているため、女性にグイグイと行き過ぎる、というものがある。初婚の女性の多くは急ぐ気持ちが少ないので、女性側のペースに合わせた恋愛の進め方をすることが必要と言えるだろう。

 

また、恋愛にガツガツした印象を与えるのも良くないので、これまでの経験を活かして大人の余裕を見せ、対応するのがポイントとなる。

 

バツイチやシングルであることを合コン告白するタイミングは重要

さらに、バツイチであることを告白するタイミングでも、失敗している男性が多い。第一印象が重視される合コンという場においては、最初の自己紹介や他にも男性がいるところでバツイチである、と言ってしまうのは良くないことが多いのだ。バツイチである、ということは、人間性を重視する恋愛では魅力につながるが、合コンではどうしても不利になることも多いのだ。

 

バツイチの男性というのは、恋愛して結婚した経験がある人であり、ある程度は女性の気持ちを理解できる人が多い。だからこそ、恋愛経験が少ない未婚の男性と比較すると、余裕があったり、女性を喜ばせたり楽しませたりできる、という点で魅力があると言える。バツイチの男性は、合コンでそういった点をアピールするのが良いだろう。

ビールで乾杯するビジネスマンとビジネスレデã

合コン以外にも出会いはある

恋愛をするにあたって、出会いの場は合コンにしかない、というわけではない。バツイチの男性の場合、人間性をアピールしやすいような婚活方法を選択した方が良いことも多い。最近は、インターネットを利用して婚活することもできるし、結婚相談所という選択肢もある。

 

そういった選択肢に抵抗や戸惑いがある、という人も多いだろう。しかし、合コンに比べると結婚に前向きな女性が多く、第一印象よりも人間性を重視されることも多い。そして、バツイチの男性に対して理解がある女性も多いので、成功率も高くなるのではないだろうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP