シングルファザーの婚活と出会い

大丈夫!離婚歴ありの婚活の場は東京都内で年々増加している

00038311_72B

今や昔ほど離婚に対する抵抗感もなく、3人に1人は離婚する時代だと言われている。しかし初婚の男女にとっては離婚歴があるパートナーを選ぶということに対して抵抗感がある人が多いのも事実だ。そのため離婚歴がある人が再婚を目指す場合、普通に恋愛や婚活をしていると離婚歴があるがゆえの困難に出くわす場合も多くある。「実は離婚歴がある」と打ち明けることの大変さ、離婚歴があると同時に離れていってしまうことが考えられる相手や相手の両親など周囲からの反対、子どもがいる場合は子どもに対する考え方などが原因だ。

 

しかしながら実は現在は離婚歴ありの人々が婚活をしやすい場所が東京都内では整えられつつある。

 

これまでであれば婚活市場で行われるお見合いパーティなどは年収やライフスタイルなどのくくりで行われることが多かったが、最近では離婚歴ありの人のみが集められるパーティや離婚に対して理解のある人のみが参加できるパーティも開催されるようになり注目されている。

 

一昔前はネガティブなワードだった「離婚歴」に着目した、再婚市場が活発化しているのだ。再婚希望者が集まるパーティやバツイチOKの人が集まるパーティなどで出会う人々は参加者自身がバツイチだと知ったうえで訪れてくれているので余計な気を遣う必要もなく、また相手も離婚を経験していたり、離婚に対して理解がある方々なので打ち解けやすいというメリットがある。

 

さらにそのような人の中にはシングルマザー/ファーザーが少なくない。

 

会費を抑えたり時間を早い時間にしたりと誰もが参加しやすい気軽なものとなっていることも多く、多くの人が集まっている背景がある。

 

現在では離婚を経験した人に対する抵抗感も全体的には減ってきていると考えられている。一度経験しているからこそ現実的に物事を考えられたり、気遣いが十分にできたりと離婚経験者だからこそのメリットがあると考える人も多くいる。

 

そういったことからもパートナーに離婚歴がある人を選ぶことに抵抗がない人も集まり再婚市場は活発化している。また、一度結婚を経験していると未経験の人に比べて、結婚の良さも知ったうえで婚活に取り組んでいるので意欲的に取り組んでいる人が多いというデータもある。

関連記事

  1. 部屋でパソコンを使う女性 シングルファザーを理解してくれる女性どう出会うのか?
  2. 122 シングルファザーの婚活と子供の注意点
  3. 00027879_72B バツイチ女性が婚活で再婚相手に求めることって何?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP